京都式業界一体型
ホップステップジャンプ
就労支援事業

京都CRAFTSMAN実習

INTERVIEW

教えてくれるのはどんな人?

大池 義和さん(株式会社アトリエイハウズ)

設立20周年を迎えるアトリエイハウズは注文住宅・リノベーションの設計・施工を手がける『デザイン工務店』です。

Q:大工とはどんなお仕事ですか?

「理想の暮らし」を「カタチ」にする仕事です。

ただ、一般的な大工の内容とアトリエイハウズとしての大工の内容は大きく違います。 アトリエイハウズでは、お客様の暮らしに関することを、 家族構成、過ごし方、今の状態を汲み取って、さまざまな角度から提案をしています。

お客様からは、打ち合わせが楽しすぎて、着工したら設計士さんと会えなくなるのが寂しい、と言われることもありました(笑)そんなお客様と話し合いを積み重ねて、その内容をもとに建築家が設計したイメージを具現化する過程では、多くの職人が関わっていて、その中の要が「大工」なのです。

実際にお家を造る時は、オーダーメイドで、時には部品までオリジナルで作ってしまうので、同じスタイルの家を造るということはほぼありません。案件ごとに、その都度対応していく必要があり、少しずつやり方を覚えながら、お客様の喜ぶ顔を思い浮かべながら、カタチにしていきます。





Q:この仕事の魅力は?

「お客様の喜ぶ顔を直接見れること」です。

マイホームを持つ事は人生最大のお買い物。夢をカタチに出来る仕事ってそうある訳ではありません。そんな大事なマイホームをアトリエイハウズに任せていただくきっかけとして、見学会でピンとくる方が多いです。

見学会に何件か行った方は、「どの家もそれぞれ違うけど素敵で、〈その家らしさ〉が出てる。こんな家つくりたいね」と声をいただき、心を込めて作っているからこそ、魅力が伝わったんだなと、毎回嬉しく思っています。

施工が開始してから、お客様も「夢のマイホーム」の進捗が気になるのか、しょっちゅう現場に顔を出される方もいます(笑)その姿を見ながら、「あのお客様の為にもっと頑張ろう!」と、モチベーションがあがります。

心を込めてつくった家をお客様が涙を浮かべて喜んでくれ、頑張った事が報われるとても価値のある仕事なのです。自分のつくった家でたくさんの幸せが訪れる実感が湧くのが家づくりの醍醐味です。

Q:どんな方が大工に向いていますか?

明るく元気で挨拶が出来る人。特にスキルや資格は求めません。全くの初心者でも大歓迎です。また好奇心旺盛でチャレンジ精神がある人は向いています。

家はお客様が「どんな暮らしをしたいか」という部分に重点を置いて何度も打ち合わせをしたのち、設計図として描かれます。いわゆる、オーダーメイドになるので、初めてのことを楽しむ人は、向いているといえるでしょう。

ちなみに、身近な家づくりだとDIYがあります。DIYに興味のある人も、本格的にやってみると深く知ることができて楽しいですよ。

Q:最後に、京都クラフトマン実習への参加を悩まれている方へメッセージをお願いします。

「はじめの一歩」楽しくチャレンジをしてほしいです。
成功も失敗も一歩前進、気軽な気持ちでトライしてください。日本の家づくりの技術は本当に素晴らしい。それをなるべく自然な形で提供したいと、アトリエハウズは使う素材にもこだわりを持っています。

例えば、標準仕様である桧(ひのき)。
コンクリートの五倍以上の強度があるだけでなく、断熱性能の機能も高さや、抗菌、抗ダニ、防臭などの特徴があり、室内空間を快適に過ごすことができます。

自然のもの活用しながら、断熱材としてしまうところや、ないものは作ろうという柔軟性に特化をしながら技術を残していきたいと思っています。

まずは一歩。実習に参加して、こだわりに触れてほしいと思っています。

call

mail お問い合わせ

参加無料

お申し込み